引越しを平日に行った場合の具体例について

引っ越しには沢山のお金がかかります。引っ越し業者に支払う費用や、家具の買い替え、敷金・礼金などの費用の支払いも必要となります。少しでも費用を安く抑えるために考えるポイントとして、引っ越しは平日に行うのが良いのか、休日に行うのが良いのかということが挙げられます。平日と休日では料金に差があります。平日は仕事がありまとまった時間がとれない人が多いため、休日の方が依頼は多いです。しかし依頼が多い分、料金は上がります。また3月は、引っ越し件数が最も多くなる時期のため、もちろん料金も上がり、2、3倍になることもあります。3月に依頼が多い理由としては、転勤・部署移動が多い、卒業や入学もしくは就職の区切り等の様々な理由があります。一番お得に引っ越しをしたいと考えるのならば平日が良いといえるでしょう。

平日に引っ越しをする場合のメリットとデメリット

平日に引っ越しをする場合の一番のメリットは、料金の安さです。その他には転居した際に行わなければならない役所での手続きが行えることです。住民票・免許証・住民票・国民健康保険・マイナンバーの住所変更など、引っ越しをした際の手続きは早く行うことも重要です。これらの手続きは平日にしか行えない場合が多いので、こちらも大きなメリットになります。平日に引っ越す場合は、土日に荷造り作業をすることができるので、下準備がしっかりでき、引越し当日に忘れ物をするなどのトラブルを防げます。又、マンションに引っ越しを考えている方はエントランスや公共施設等が混まないのでスムーズに引越し作業ができます。平日に引っ越す際のデメリットは、会社や学校を休まなければならないことや友人・知人に手伝ってもらいにくいこと等が挙げられます。

平日の引越しのコツは下準備をしっかり行うこと

引っ越しは、1日をかけて行う作業なので、精神的にも肉体的にも疲れます。なるべく早く作業を終わらせてしまいたいものです。そこで重要なのが引越し前の下準備です。冷蔵庫の中身は当日までに空にし、引っ越しする1〜2週間前ぐらい前には不要品の処理、大型ゴミの処分を行えば事前に捨てておけば良かった、ということにはならないでしょう。3〜日前には梱包・搬入準備を済ませておき、前日には引っ越し当日の段取りや、ダンボールの中身の確認などのチェックができるようにしましょう。家具・家電の配置を考えておくことや、ダンボールに入れたものが何なのかわかるように名称を書いておけば、当日の荷物の置き場に困ることはないはずです。当日は荷物の搬入などが終わったら、引越し前にはなかった家具・家電の故障や傷がないかを確認し、あった場合はその業者に早急に電話を入れることで対処してもらえることもあります。