平日に引越しを行うための具体的なTODO

引越しをするというのは、その多くが週末に集中することが多く、引越しを終えてからの平日は普段通りに仕事や学校にと考える方がほとんどです。カレンダー通りのスケジュールで動かねばならないという意識があるからか、仕事に穴を開けたくないと考えるからか、週末はどの引越し業者も大忙しです。そこで少しでも引越しを楽にするため、敢えて平日に引越しのスケジュールを組む人もいます。仕事などは休むことになってしまいますが必要であれば有給にすることも可能でしょう。週末に比べて業者も作業が集中していないということから引越しの料金も格安で行える場合もあります。平日の引越しをスムーズに行うには事前準備があらかた必要になりますが同日での役所への届出仕事もしやすくなるのは平日という面もあります。

みんなと同じでは予定も混み合っている

大抵は、土曜日に引越しをして日曜日に片付けをして一先ず食べて眠れる状態にはしておき、平日には仕事や学校という日常に戻るというスケジュールを組むものです。週末に引越しが集中してしまうのは致し方なくもあるのですがこれを平日に行うことで生じるメリットもあります。まずは費用が大幅に削減できることが挙げられ、業者としてもトラックを余らせておくより稼働させた方が良いということから平日の余裕のある引越しで価格も割安に設定しているというものが多くあるのです。引越しの荷物を運んだあとに役所関係の手続きが一度にすませられるということも平日引っ越しのメリットです。逆にデメリットといえば有給が減ってしまうということや平日に休むことで仕事の効率が落ちたということが挙げられますが、メリットのほうが確実に多くあります。

引っ越しに必要なことを書き出しておく

平日に引越しをする上で何をしなければならないかを事前にリストアップしておくとスムーズにことを進めることができます。引越し先が決まり、引越す日時を決め、引越し業者をどこにするかを決めてから平日に引越しをする場合は、役所での手続きも一緒の日に片付けてしまいましょう。主なものはインターネットの回線や公共料金である電気やガス、水道のほかに固定電話を持っていれば契約会社へ解約または移転の連絡、郵便物の転送のための転居届を郵便局に出しておくなど、役所や郵便局その他会社への連絡などは休日に開いていなくて受け付けが出来ないことが殆どになるので、なるべく早めの行動が必要となってきます。届出に必要なものも一緒に書き出しておくとあとからやり直しになることもなく、スムーズに終わらせることができます。