引越しを平日にする場合の業者選びの方法について

引越しを平日に行うメリットは、やはり料金が安いということです。その中でも業者によって料金はかなり変わります。まずはどの業者を選べば費用をいかに抑えることが出来るかを調べてみましょう。今、引越し業者を選ぶ際によく利用されるのはインターネットでの比較サイトです。比較サイトは料金表以外にも引越し費用の相場や業者の人気ランキングなど様々な情報が記載されています。その中で一番、自分に合う業者を探し見積もり依頼をするわけですが、見積もりを出すには引越しの日にち、時間、だいたいの荷物の量を入力しなければいけません。引越しの日が近づけば近づくほど、自分の希望通りの日にち以内に予約が取れなかったり金額が高くなったりします。引越しの日程は早めに決め予定する引越し日の選択肢を多くしておくことも大切です。

引越しを平日に行う場合のメリットとは

引越しは週末などの休みを利用して行うという人が多いです。つまり週末はそれだけ混み合うということですから料金も通常より高くなり、また希望の日時で予約を取るのが困難です。そういった点からも会社を休むなどして引越しを平日にする人が増えています。わざわざ会社を休んでまで平日に行うわけですからメリットもかなり多いです。最初に述べたようにまずは料金が安いという事、業者の手配が比較的スムーズに行えるということが言えます。料金に関しては休日に行うよりも1~2割ほど安く設定している業者も多いです。それ以外にも平日に行うことで休日に荷造りや荷ほどきをゆっくり行うことが出来る、交通渋滞が少なく道路が空いている、転出転入手続きまで同時にやることが出来るなどメリットは多々あります。特に2~4月は引越しのピークです。その時期の週末はほとんどの業者が埋まっていますので平日に行うという選択も必要になります。

引越しを平日に行う場合のデメリットとは

引越しを平日に行う場合、メリットも多数ありますが逆にデメリットにはどんなことがあるのかというと、平日は仕事という方が多いのでそういった方は仕事を休んで引越しをするわけですから仕事に遅れが出るという事もあります。引越しをしなければいけないということはある程度事前に分かっているので仕事を早めに終わらせておくなど計画をしっかり立てて引越しの日は休んでも大丈夫なようにしておくことが大事です。それ以外には平日だと仕事の人が多いのでご近所に挨拶に行っても留守の場合が多いので週末に改めて伺わなければいけない、友人や家族が仕事なので手伝いを頼むことが出来ず一人で行わなければいけないなどもあります。誰かに手伝いを頼みたい場合は早めに引越しの日程を教えておいて一緒に休んでもらう必要があります。メリットとデメリット、両方を考えて自分に一番合った引越しの日を選ぶ事が大切です。